現金化の極意

dポイントを現金化する方法!期間・用途限定にも使い道あり

投稿日:

dポイントを現金化する方法!期間・用途限定にも使い道あり

今回は余っているdポイントを現金化する方法についてご紹介します。

dポイントはドコモの携帯を購入する際や月々の通信料金の支払い、コンビニやファストフード店など街中で使えるポイントです。

対応店舗も多く、毎月の携帯料金を払っていれば貯まっていくので使い道に困っている方もいると思います。

しかし、dポイントはあくまでも電子マネーで現金として引き出す方法を公式は用意していません。

現金として手元においておければ、場所を選ばずにどこでも使えて便利ですよね。

そこでこちらでは、当サイトが独自に調査したdポイントを現金化する方法と手順をご紹介します。

ご利用時に知っておいてほしい注意点についても詳しく解説しているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

dポイントを現金化する方法と手順

dポイントを現金化する方法と手順

さっそくdポイントを現金化する方法と手順からご紹介していきます。

公式からは出金する手段を用意されていませんが、換金する裏ワザがあるんです。

お金が必要な方・dポイントが余っていて使い道のない方は、下記を参考に現金化してみてください。

STEP.1
dカードプリペイドに入会
STEP.2
dカードプリペイドにdポイントでチャージ
STEP.3
現金化を扱う業者に依頼

dカードプリペイドを作成

dポイントを現金化するためにはdカードプリペイドが必要になります。

dカードプリペイドはdポイントの管理・お支払いに利用できるプリペイドカードです。

審査不要で入会金や年会費無料で作成できますので、下記よりお申込みください。

ただ、dカードプリペイドは申し込みから発送まで1週間近くかかります。

事前準備なしで今すぐに現金化はできませんので、ご注意ください。

もしも、dカードプリペイドが発行されるまで待てない方は別の資金策を試してみてはいかがでしょうか?

こちらの記事では、dポイントとあわせて使える現金化について紹介しています。

dカードプリペイドが手元に届くまでの間は別の資金策で切り抜けましょう。

dカードプリペイドにdポイントでチャージ

dカードプリペイドの準備ができた方はdポイントを使って残高をチャージしてください。

マイページへログインしてチャージを選択して、支払い方法にdポイントを選択します。

チャージ金額を入力して確定すれば、dカードプリペイドへのチャージは完了です。

dポイントは1ポイント=1円で利用できるので、余っている残高はすべて現金化しましょう。

現金化を扱う業者に依頼

dカードプリペイドに残高がチャージできた方は『スタークレジット』に現金化を依頼してください。

スタークレジットはクレジットカードやプリペイドカードの現金化を扱う業者です。

数ある現金化業者の中でも群を抜いて換金率が高く、入金が早いことから口コミで話題を集めています。

dポイントの現金化に最もおすすめの業者ですので、お金に困っている方はぜひ使ってみてください。

≫ スタークレジットの詳細情報はこちら! ≪

dポイントを現金化するときの注意点

dポイントを現金化するときの注意点

dポイントを現金化するときの注意点を3つご紹介しておきます。

知らずに使って後悔しないよう、事前に確認しておいてください。

  • dポイントの有効期限は48ヶ月
  • 1ヶ月で1万円しかチャージできない
  • 期間・用途限定のdポイントはチャージ不可

dポイントの有効期限は48ヶ月

dポイントの有効期限は48ヶ月と決まっています。

過ぎてしまえば消滅するだけなので、早めに現金化しておくことをおすすめします。

保有しているdポイントの有効期限はdポイントクラブの公式サイトまたはdポイントクラブのアプリからご確認ください。

有効期限まじかのdポイントがあり、使い道に困っている方は現金化してみてはいかがでしょうか。

1ヶ月で1万円しかチャージできない

dポイントでdカードプリペイドへ残高をチャージする場合、1ヶ月で1万円しかチャージできません。

すでに限界まで現金化してしている方は来月まで利用できないのでご注意ください。

dポイント利用によるチャージは、「期間・用途限定ポイント」でのチャージや、 チャージ金額の上限10,000円/月を超えての利用はできません。

引用:FAQ詳細 -dポイント利用でのチャージができません。 | 三井住友カード株式会社

1万円以上お金が必要な方はdポイントとあわせて使える資金策を参考にしてください。

期間・用途限定のdポイントはチャージ不可

dポイントには有効期限が48ヶ月のポイントと獲得したサービスによって異なる「期間・用途限定dポイント」の2種類あります。

期間・用途限定dポイントの場合、その名の通り利用用途が限られており使い勝手が少し悪いです。

何より今回紹介した現金化の方法でもある、dカードプリペイドへのチャージに対応していません。

期間・用途限定dポイントを保有している方は、先ほどの方法は使えませんのでご注意ください。

とは言え、また別の方法を使えば問題なく現金化はできますので気になる方は次を確認しておきましょう。

期間・用途限定のdポイントを現金化する方法

期間・用途限定のdポイントを現金化する方法

こちらでは、期間・用途限定のdポイントを現金化する方法をご紹介していきます。

dカードプリペイドの残高へチャージできないので、別の方法でなければなりません。

多少手間がかかるものの、確実に現金化出来ますのでぜひ参考にしてください。

STEP.1
docomoオンラインショップでiTunesカードを購入
STEP.2
専門の買取業者に買い取ってもらう

docomoオンラインショップでiTunesカードを購入

docomoオンラインショップなら500円~50,000円まで自由に金額を設定してiTunesカードを購入できます。

決済方法には期間・用途限定のdポイントが利用できます。

また、ここで購入するiTunesカードはデジタルコードタイプなので商品が自宅に届くのを待つ必要はありません。

コードがメール等で送られてくるので、そのまま買取業者へ依頼して買い取ってもらいましょう。

専門の買取業者に買い取ってもらう

docomoオンラインショップでiTunesカードを購入した方は専門の買取業者に買い取ってもらってください。

当サイトでは業界で最も高い換金率で取引できる『買取本舗』をおすすめします。

買取本舗はiTunesカードとAmazonギフト券の買取を専門にしており、口コミでも人気を集めてる業者です。

期間・用途限定のdポイントが余っている方は、docomoオンラインショップでiTunesカードを購入して買取本舗へ買い取ってもらってください。

【まとめ】dポイントは即日で現金化できる

【まとめ】dポイントは即日で現金化できる

今回はdポイントを現金化する方法についてご紹介してきました。

dカードプリペイドにチャージして、スタークレジットに申し込む。

たったこれだけなので、誰でも簡単に利用できるのではないでしょうか?

ただ、dカードプリペイドの作成には1週間ほどかかるので事前に用意しておいてください。

また、1ヶ月で1万円までしか利用できないので足りないと思う方はあわせて使える資金策も確認しておきましょう。

dポイントはdカードプリペイドにチャージして、スタークレジットに依頼すれば即日現金化が可能です。

dポイントの現金化とあわせて使える資金策

dポイントの現金化とあわせて使える資金策

最後にdポイントとあわせて使える資金策をいくつかご紹介します。

金額が足りなかった方やdカードプリペイドの作成まで金欠を凌ぎたい方。

さまざまな方がいると思いますが、下記方法であればどれも即日・後払いで現金化が可能です。

それぞれのサービス内容や現金化の手順を詳しく解説しているので、dポイントとあわせて使ってください。

-現金化の極意

Copyright© クレジットカード現金化比較|40社から優良店だけを厳選調査 , 2021 All Rights Reserved.