現金化の極意

電子マネーの種類によって現金化方法はさまざま

更新日:

電子マネーとは日本銀行が発行しているその価値を国が保証している「通貨」とは違い、企業がサービスを提供するために作り出した専用通貨(代替通貨)です。

利用するにあたってこの電子マネーはあたかも通貨のような役割をはたし物やサービスと交換のが可能となります。

つまり、先払いされた金額をデータ化(電子化)して記録しておきサービスやモノと交換する時に決済されると言うこと。

例えば、とても有名なのが電車に乗る時に利用するsuicaやPASMOです。

これらは事前にチャージをして利用する事になりますが、1000円なら1000円分の電子マネーを購入して利用することになります。

日本では電子マネーは通貨としては認められておらず扱いとしては金券やギフト券、プリペードカードなどと一緒の扱いになります。

この電子マネーもクレジットカードで購入することができれば現金化ができるということです。

種類が多いのでもし自分で現金化をするであればその分現金化手法もまちまちで方法が多岐に渡ります。

電子マネーをクレジットカード決済して現金化

電子マネーをクレジットカード決済して現金化のイメージ画像

電子マネーと言われるものは近年、日本国内でも数百種類以上あると言われており単純に現金化できるできないで言えばできるものがたくさんあります。

ただし比較すると換金率やリスク、効率など総合的に判断するどれが適しているかが幾つかに絞られます。

結論から言うとamazonギフト券と言われるギフト券は比較的安全にクレジットカードで購入できて、高換金率で現金化ができるとても適した電子マネーとなります。

それゆえamazonギフト券を利用したクレジットカード現金化のトラブルも多発していますし、悪用した手口をつかう悪質なグループも後を絶ちません。

それだけ現金化に特化しているものですからコレに比べて右に出る物は今のところ存在していません。

もし電子マネーで現金化するのであればamazonギフト券が一番効率良くできる方法となります。

その為、現金化サービスを専門にする業者もこぞってamazonギフト券を取扱いはじめました。

しかしいつ規制が入って現在のように利用できなくなるかはわかりませんがたくさん業者があるうちはそれだけ使えると言えます。

amazonギフト券は電子マネーの中でも現金化ではメリットが多い

メリットが沢山あることに喜ぶ女性

ここまでamazonギフト券が現金化に向いているといえるのはいくつか理由がありますが何と言っても電子マネーのなかでも安全に高換金率で現金化できることが一番に挙げられるのではないでしょうか。

以下、amazonギフト券が現金化に向いている利点になります。

  • クレジットカードで買っても利用停止になりにくい
  • 24時間購入可能
  • 金額が細かく決められる
  • 現金化する方法が多い
  • 換金率が高い
  • ネットで買える
  • Eメールで受け取れる
  • ネットで即日現金化できる
  • 自分で現金化ができる

amazonギフト券はアマゾンサイトやコンビニ、家電量販店、小売店などでいろいろなところで売っています。

クレジットカードで決済しても利用停止になりにくいのも大きな利点のひとつですがそれはアマゾンサイトで購入する時の話です。

24時間購入可能なアマゾンサイトでは金額が細かく決められるEメールタイプのギフト券を買うことになりますが、そもそもクレジットカードでのみ購入が可能なのでクレジット決済しても怪しまれません。

なのでカードが止まってしまう恐れがとても低いと言えます。

ちなみに家電量販店、コンビニなどではクレジットカードでの購入は不可となっていて唯一購入できる店舗がドン・キホーテとなっています。

ドン・キホーテでクレジット決済するとamazonギフト券がロックされたり無効なギフト券になったりとリスクはありますが、基準が曖昧です。

アマゾンも現金化目的のギフト券の利用は把握していますし、現金化目的でクレジット決済させないために店舗でも金額を自由に指定できるバリアブルタイプのギフト券は取り扱っていないところもあります。

ただし、お店に置いてある金額が指定されたカードタイプのギフト券1枚ならクレジットカードで購入が可能ですから複数購入しなければ今のところ大丈夫です。

現金化する方法が多いのもamazonギフト券の特徴で、換金率が最も高いのはギフト券そのものを現金化する方法となります。

その他の現金化方法としてはアマゾンサイトで換金性の高い商品購入して転売する方法になりますがこの方法は覚えておいて損がありません。

それは万が一間違えてamazonギフト券をアカウントにチャージしてしまったとき、ヤフオクなどで高く取引されている商品を購入して現金化することができるからです。

また手軽さも大きな利点になります。現金が急に必要になった時などネットで買えて専門業者を使えばどこにも行かずスマホひとつで

即日現金化ができますし、多少の知識は必要になりますが、自分でマッチングサイトを利用して現金化もできます。

いろいろな電子マネー

その他に電子マネーと呼ばれる物はプリペイド(前払い)式、ポストペイ(後払い)式の2つにわけられ以下のものが代表的なものになります。

現金化に向き、不向きはありますが良く利用されるのはギフトカード式プリペイドカードとなります。

もちろんsuicaでも現金化する方法はありますし、ポストペイ(後払い)式での現金化も可能です。

プリペイド(前払い)式

プリペイド(前払い)式電子マネー

  • 楽天Edy (楽天Edy株式会社)
  • WAON (イオン銀行株式会社)
  • nanaco (株式会社セブン・カードサービス)
  • ICい?カード (伊予鉄道株式会社)
  • Suica (東日本旅客鉄道株式会社)
  • Kitaca (北海道旅客鉄道株式会社)
  • PASMO (株式会社パスモ)
  • TOICA (東海旅客鉄道株式会社)
  • manaca (株式会社名古屋交通開発機構・株式会社エムアイシー)
  • ICOCA (西日本旅客鉄道株式会社)
  • SUGOCA (九州旅客鉄道株式会社)
  • nimoca  nimoca(株式会社ニモカ)
  • めじろんnimoca (大分ICカード開発株式会社)
  • はやかけん (福岡市交通局)

<<<ギフトカード式プリペイドカード>>>

  • iTunes Card  (iTunes 株式会社)
  • amazonギフト券 (Amazon Gift Cards Japan株式会社)
  • グーグルプレイカード (グーグル・ペイメント合同会社)
  • 楽天ポイントギフトカード(楽天株式会社)
  • LINEプリペイドカード (LINE株式会社)

ポストペイ(後払い)式

ポストペイ(後払い)式電子マネー

  • iD (株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ)
  • QUICPay (株式会社ジェーシービー)

電子マネーを自分で現金化するには

電子マネーを自分で現金化する女性

電子マネーを現金化するには共通点としてまずクレジットカードで購入またはチャージ、支払い等できるかどうかがひとつのポイントとなります。

交通系電子マネーの代表格suicaも半数以上の利用が現金からのチャージで、原則チャージした金額は使い切るしか用途はありませんし、suicaを返却してもデポジットの500円が戻ってくるだけでチャージ金額は戻りません。

ではどうすれば現金化ができるのでしょうか?

いろいろある電子マネーの現金化方法!日常生活に現金化のタイミングは意外とありますのでこれを知っていればチャンスを見逃さずに電子マネーで現金化できます。

Suica機能付きクレジットカードで現金化

ちなみにこの方法は一回しか使えないので最終奥義として使うことになると思います。

しかもSuica機能付きクレジットカード限定と制限がありますのであまり実用的ではないかもしれません。

その方法とは

  1. あらかじめSuica機能付きクレジットカードに現金化したい金額をチャージしておく
  2. 駅にあるビューATMに行き、画面上にあるビューカードのサービス⇒払い戻しを選択
  3. チャージしてあるsuica付きビューカードを挿入
  4. 暗証番号を入力

これでsuicaにチャージしてある残高を即現金化できてしまいます。

ですが最終奥義と言ったのもこの方法を使うとsuicaの機能もクレジットカードの機能もなくなってしまいますので使うときは十分注意しましょう。

電子マネー現金化方法の王道は返品

電子マネーの現金化をするなら返品が定番。

方法はいたって簡単で電子マネーで商品を購入して返品すると決済分の現金がてにはいります。

ただし、店舗によっては断られたり、時間がかかったりと対応はまちまちです。

その店舗では電子マネーで購入した商品の返品が現金でできるのか調べる必要はありそうです。

タイミングがあれば飲み会で電子マネーを現金化

大手チェーンの居酒屋などでは電子マネーの決済ができるところがたくさんありますので一度まとめて電子マネーで支払いをして後から徴収するなど現金の精算をすれば見事現金化ができます。

iDや楽天Edyも対応しているところが多いので電子マネーで支払えば現金化+ポイントが貯まるのでせこいようですがとてもお得です。

頼まれた買い物で現金化

飲み会で現金化と同じですが電子マネーで支払いをして現金精算する方法です。

iDや楽天Edyはどのコンビニも対応しているので現金化する金額は小さいかもしれませんが頻度が多いのでついでに買い物してくると言って電子マネーで決済すればこれも現金化+ポイントがたまるのでお得です。

ギフトカード式プリペイドカードならマッチングサイトで現金化

最近では電子マネーのマッチングサイトがたくさんあり自分で出品して高換金率で現金化が可能となりました。

ただしその一方でトラブルも多くあまり知識がないとかえって損をしてしまうこともあります。

また出品して売れたとしても出金制限があるので一定の金額を出品しないと現金を引き出すことができません。

少額の現金化にはあまり向いていない方法と言えます。

>>クレジットカード現金化比較|40社から優良店だけを厳選調査

-現金化の極意
-, , ,

Copyright© クレジットカード現金化比較|40社から優良店だけを厳選調査 , 2021 All Rights Reserved.