PayPay(ペイペイ)あと払いを即日で現金化する方法を紹介!残高やポイントも換金可能

一瀬 智洋

PayPay(ペイペイ)あと払いを即日で現金化する方法を紹介!残高やポイントも換金可能

こちらではPayPayあと払いを使った現金化についてご紹介していきます。

PayPayはスマホひとつでコンビニやオンラインショップでお買い物ができる便利な決済サービスです。

2022年3月には後払いサービス『PayPayあと払い』を開始しました。

ただ、こちらのサービスは買い物にしか利用できないため融資とは異なります。

現金が必要な方は少し残念だったのではないでしょうか?

そこでこちらでは、PayPayあと払いを現金化する方法をご紹介していきます。

チャージ済みの残高やポイントも換金できますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

PayPay(ペイペイ)あと払いのサービス内容

PayPay(ペイペイ)あと払いのサービス内容

PayPayあと払いのサービス内容からご紹介していきます。

限度額や支払い期日について気になる方は確認しておいてください。

  • 審査に応じて高額な利用が可能
  • 支払い期日は利用した翌日27日
  • 最短7分の簡単な審査で利用可能

審査に応じて高額な利用が可能

PayPayあと払いは審査の結果に応じて高額な利用可能枠が付与されます。

口コミを調査した限りでは、5万円~50万円とさまざまでした。

審査の詳細内容は明かされていないため、利用額に差が出る理由は分かりません。

それでも、多くの方は大金を使えるようになったのは確かです。

PayPayあと払いなら審査の結果次第で高額な利用枠が与えられます。

支払い期日は利用した翌月27日

PayPayあと払いは利用した月の翌月27まで支払いに猶予があります。

お金に余裕のない方からすれば、返済までの期間は長い方がいいですよね。

PayPayあと払いなら月初に利用した場合、支払いまで焼く2ヶ月ほど時間があります。

余裕を持って返済したい方はぜひ使ってみてください。

最短7分の簡単な審査で利用可能

PayPayあと払いは最短7分の簡単な審査だけで利用できます。

口コミを調査したところ、ブラックの方でも通過できていました。

他のサービスと比べると、審査が甘いのも特徴と言えるでしょう。

PayPayあと払いは最短7分の審査で利用できるので、ぜひ使ってみてください。

PayPay(ペイペイ)あと払いを現金化する方法

PayPay(ペイペイ)あと払いを現金化する方法

ペイペイあと払いを現金化するおすすめの方法をご紹介します。

こちらでは、後払いサービスへの申込み方からまとめておきました。

初めてご利用になる方はぜひ参考にしてみてください。

  1. PayPayアプリからあと払いに申し込む
  2. 審査が終わると自動でカードが発行される
  3. 専門の現金化業者に依頼して換金する

PayPayアプリからあと払いに申し込む

PayPayあと払いを利用するためには、まずPayPayのアプリをダウンロードします。

アプリがダウンロードできた方は起動し、ホーム画面にある「あと払い」をタップしてください。

審査が終わると自動でカードが発行される

名前や勤務先など必要な情報を入力すれば、審査は最短7分で完了します。

審査後はバーチャルカードが自動で発行されるので、現金化の際はカード情報を業者へ伝えましょう。

専門の現金化業者に依頼して換金する

すぐマネ

最後に専門の現金化業者『すぐマネ』へお問い合わせください。

すぐマネならPayPayあと払い利用時に発行される、バーチャルカードの換金が可能です。

換金率は80%以上を保証しているので、他社と比べて圧倒的にお得な取引ができます。

また、入金は平均30分以内なのでPayPayあと払いの審査とあわせても即日で利用可能です。

今すぐにでもお金が必要な方はぜひ使ってみてください。

PayPay(ペイペイ)あと払いで現金化するメリット

PayPay(ペイペイ)あと払いで現金化するメリット

PayPayあと払いで現金化するからこそのメリットをご紹介します。

非常に便利なサービスなので、特徴を確認しておきましょう。

  • 30分前後でお金が手に入る
  • 面倒な手続きが一切必要ない
  • 確実にお得な取引ができる

30分前後でお金が手に入る

PayPayあと払いの申し込みから現金化が完了するまで30分前後と非常に早いです。

審査に時間はかかりませんし、すぐマネなら問い合わせればすぐに対応してくれます。

急用でお金が必要になった方にとっては非常に助かるのではないでしょうか。

今すぐにお金が必要は方はPayPayあと払いを使って現金化してみてください。

面倒な手続きが一切必要ない

PayPayあと払いの現金化には面倒な手続きは一切必要ありません。

後払いサービスの申込みはアプリから簡単に行なえますし、すぐマネに依頼すれば必要な情報を提出するだけです。

また、スマホひとつで作業できるので自宅や会社など、どこにいても現金化できます。

日中は働いていて時間がないという方にとっては助かりますよね。

PayPayあと払いは誰でも簡単に現金化できるので、初めての方も安心してご利用ください。

確実にお得な取引ができる

PayPayあと払いはすぐマネで現金化すれば、確実にお得な取引ができます。

自分で商品を購入し換金することで現金化することは確かに可能です。

ただ、換金性の高い商品を探す手間や買取店舗によって買取価格が異なる。

そのようなことから、明確な換金率が分からず結局損をすることも珍しくありません。

しかし、すぐマネなら換金率は一律で提示されているので事前に把握することができます。

少しでもお得な取引がしたい方はPayPayあと払いはすぐマネで現金化しましょう。

PayPay(ペイペイ)あと払いで現金化する注意点

PayPay(ペイペイ)あと払いで現金化する注意点

PayPayあと払いを現金化するときには、下記2点に注意しておきましょう。

  • 審査に落ちてしまうと利用できない
  • 支払いを滞納すると利用停止になる
  • 利用可能額を勘違いしやすい

審査に落ちてしまうと利用できない

PayPayあと払いは審査に落ちてしまう場合もあります。

そうなると、サービスは利用できないので注意しておきましょう。

実際に口コミを調査したところ、審査に落ちてしまったという方もいました。

もしも、審査に落ちてしまった方は最後に紹介する別の現金化も参考にしてみてください。

支払いを滞納すると利用停止になる

PayPayあと払いを利用後、支払いを滞納しているとサービスは利用停止になります。

返済は翌月の27日なので忘れずに準備しておいてください。

また、支払いに遅れてしまうと年率14.6%の遅延損害金が発生します。

PayPayあと払いを現金化する際は、返済に遅れないようご注意ください。

利用可能額を勘違いしやすい

PayPayあと払いの利用額を勘違いされる方が多いです。

支払い画面に表示される500,000円の表記は、1ヶ月で決済可能な金額になります。

利用できる残高を示しているわけではありませんので、ご注意ください。

PayPayあと払いの利用可能額はカード番号を表示する画面から確認できます。

現金化にご利用の方は、こちらで利用可能額を確認してから申し込むようにしましょう。

PayPay(ペイペイ)の残高・ポイントも現金化可能

カウール

PayPayあと払いだけでなく、チャージしてる残高やポイントも現金化が可能です。

ただ、こちらを換金する場合すぐマネではなく『カウール』をご利用ください。

カウールは後払いアプリ・サービスの現金化を専門に扱っている業者です。

他社では対応していないPayPay残高やポイントの換金ができます。

公式HPからLINEでお問い合わせ後、指定される商品を購入・買い取ってもらうだけです。

難しい手続きは必要ありませんので、現金化を希望される方はぜひ使ってみてください。

≫ カウールの口コミ評判・詳細はこちら ≪

PayPay(ペイペイ)あと払いは即日で現金化できる

PayPay(ペイペイ)あと払いは即日で現金化できる

今回はPayPayあと払いを使った現金化についてご紹介してきました。

サービスに申し込みをしてから入金されるまで、30分前後で完了します。

審査の結果に応じて高額な利用枠が付与されるので、お金が必要な方におすすめのサービスです。

すぐマネを利用すれば即日での対応と面倒な手続きは代行してもらえます。

PayPayあと払いなら誰でも簡単に現金化できるので、ぜひ使ってみてください。

PayPay(ペイペイ)あと払いの審査に落ちた方はこちら

PayPay(ペイペイ)あと払いの審査に落ちた方はこちら

最後にPayPayあと払い以外の現金化方法も紹介しておきます。

下記の後払いアプリ・サービスなら簡単な審査だけ・審査不要で利用可能です。

現金化の方法も別途詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

また、上記のような後払い現金化サービスは他にもありますので気になる方はあわせてご確認ください。

記事監修責任者
一瀬 智洋
一瀬 智洋
元クレジットカード現金化業者
クレジットカード現金化やその他のカードが無くても即日使える資金調達術を紹介しています。金欠で困ったときに便利な方法なので、ぜひ試してみてください。
記事URLをコピーしました