現金化の極意

クレジットカード現金化は返品の処理でも可能

更新日:

クレジットカード現金化にはいくつもの方法があり、取引する会社によって換金率も異なってきます。

クレジットカード現金化業者の大半が、キャッシュバック方式を取り入れていることでしょう。

キャッシュバック方式は、現金化業者が販売している商品をクレジットカードで購入していただき、特典として現金が振込まれる仕組みです。

買取方式は、その名の通りクレジットカードで購入した商品を買取ってもらうだけですので、こちらの方法も現金化を初めて利用する人にでも簡単です。

どの方法を取り入れても購入する商品が、現金化業者によって異なり、換金率もそれぞれ変わります。

手続きに関しては、利用者がしやすい方法を取り入れている現金化業者を選定すれば良いのですが、換金率に関しては、中々希望の額面に満たないということが多いのではないでしょうか。

換金率は100%になることはなく、また、少しでも高い換金率を設定してくれる業者を見つけ出すことも困難です。

しかし、クレジットカード現金化はキャッシュバック方式や買取方式だけではありません。

返品を処理をした現金化もある

手持ちの現金が足りず、商品を購入したいときに活用できるのが、クレジットカードです。

商品は、ショッピング枠を使って購入しますが、もし、返品をした場合、返金はどのようになるのか考えたことはありますか。

クレジットカードで商品を購入し返品をした場合、使ったショッピング枠は現金として手渡されるのです。

つまり、返品を処理した現金化ができます。但し、この方法を使って現金化をするのであれば、購入当日に商品を返品するのではなく、翌日以降にしてください。

クレジットカードの決済は、当日中のものであれば取り消しは可能なため、商品を返品しても使用したショッピング枠は現金として受取ることができないからです。

翌日以降ですと、購入データーがカード会社で処理されるため、取り消しができなくなり返品を申し出れば、現金で返金をせざるを得なくなります。

使用したショッピング枠がそのまま現金として手渡されるため、100%の換金率で現金化ができたことと同じ意味合いです。

犯罪まがいだからおすすめはできない

購入した商品をクレジットカードで購入し、その商品を購入日の翌日以降に返品をすれば、現金手渡しというのは全てのお店ができるわけではないと思います。

購入した物品が不良品であったからという理由がなければ、返品はできないということもあり、商品を交換となることがほとんどです。

この方法は店頭で本人確認をすることなく、頻繁的に返品を繰り返していれば、カード会社にも怪しまれますし、犯罪まがいなことですのでおすすめはできません。

たまたま、お買い上げした販売品に不備があった場合にこの方法を使うと様にしていただいて、最初から現金化目的の商品の返品を行なうのはいかがなものかと思います。

この方法を取り入れた現金化をした方は、一番大切なことを忘れがちです。ショッピング枠を使用したことには変わりはございませんので、カード会社への返済はあります。

商品を返品したことで、買い物はしていないものだと思いがちですのでご注意してください。

>>クレジットカード現金化比較|40社から優良店だけを厳選調査

-現金化の極意
-, ,

Copyright© クレジットカード現金化比較|40社から優良店だけを厳選調査 , 2021 All Rights Reserved.