現金化初心者ガイド

クレジットカード現金化の大事な4つの注意点

更新日:

クレジットカード現金化は金欠の時に一時的に現金を作る金策として昔から利用者が多く存在します。

世間的にはグレーな金策方法なため実際にどうすれば現金化できるのか自分で調べなくてはならず、注意点などは行う方法によって異なります。

今回は最も簡単に現金化できる専門業者を利用する方法をもとにクレジットカード現金化の知っておきたい4つ注意点をご紹介します。

ぜひこれからの現金化に役立ててください。

クレジットカード現金化4つの注意点

現金化の知っておくべき注意点

  1. 業者選び
  2. カード残高
  3. 購入商品
  4. 利用停止

クレジットカード現金化はショッピング枠をお金に変えて現金を手に入れる裏技的手法になります。

普段は買い物の時だけ利用できるショッピング枠ではお金を借りることはできません。

ではどのように行うのでしょうか?

最も一般的な現金化方法は手間や時間がかからない専門業者を利用する方法となります。

もしあなたが時間に余裕があるのであればご自身で一から調べ上げて自分1人で現金化することは可能です。

しかしながらクレジットカード現金化には様々なリスクが存在するため最も安全な現金化方法は現金化業者を利用することになります。

より安全に現金化するためには悪徳業者を利用しないことやカード会社に目を付けられない用にしなくてはならないのです。

注意点その1【業者選び】

クレジットカード現金化の業者には高い換金率を宣伝して実際にはとても低い振込金額で取引しようとするところもあります。

現金化業者の選定の際には下調べとして、現金化比較サイトや口コミサイトをチェックしましょう。

ただしあくまでもネットの情報ということを忘れないでください。

ネットの情報を活用してよいのは申込候補集め程度に留めておいた方が良さそうです。

口コミ投稿も業者のステルスマーケティングの可能性もあります。

換金率が90%を超える現金化業者はまず存在しないと考えて良いでしょう。100万円を超える現金化をする人以外は、相場として70%~80%を目安に業者を選定していきましょう。

注意点その2【カード残高】

カード残高が不足していてはショッピング枠の現金化を行うことはできません。

特に注意してほしいのは正確な残高を把握しないで申込をすることです。

クレジットカード現金化の利用平均金額はおおよそ15万円以上となりますので高額決済になることが多くなります。

高額決済の場合、残高不足を数回繰り返すとクレジットカードが止まってしまう恐れがあります。

その理由は、例えばクレジットカードの不正利用が挙げられます。

不正利用と言ってもこの場合は本人以外の第三者が使ってしまうケースとなります。

残高不足を数回繰り返すと拾ったカードや盗難されたカードで決済してると疑われてしまいカードを一時的に停止されて確認の連絡が来ることもあります。

そうなっては時間ばかりかかってしまうので事前の残高確認がとても重要といえます。

残高確認はネットからもしくはカスタマーセンターで行うことができます。

クレジットカード現金化をするときは必ず残高の確認をしましょう。

注意点その3【購入商品】

カード会社は購入商品が怪しいとカードをとめてしまうことがあります。

このリストには換金性の高い商品が多く含まれます。

例えば

  • 金券
  • 回数券
  • ブランド品
  • パソコン
  • ドメイン
  • 家電製品

など調べてみると意外なものも含まれています。

最近amazonギフト券の現金化を行う業者が増えていますが、Eメールタイプのギフト券はクレジットカードで購入するものになりますので例外的存在です。

多くの現金化業者は手間の掛からない電子ギフト券を現金化する商品として重宝しています。

その一方で新幹線の回数券は今となってはとても危険な商品にあたります。

注意点その4【利用停止】

クレジットカード現金化は常にカード会社の監視にさらされています。

些細なことでも承認時時間が掛かったり、カード会社から連絡があったりと利用規約で禁止されていることだけあってとても気をつけなければなりません。

特に利用停止になる最も危険性の高いケースを1つ覚えておきましょう。

それは新規発行のクレジットカードで換金性の高い商品は上限枠まで購入する行為です。

この事例はかなりの高確率でカード会社の承認が下りません。最悪、利用停止になることもあります。

もし利用停止にならないように現金化するのであれば新規発行のカードは利用しないようにして、上限枠にも気を配るべきと言えます。

またカードの種類によってもJCB、アメックス、ダイナースなどは現金化にはあまり向きません。

ではこれらに該当するカードでショッピング枠の現金化を行うことは危険なのでしょうか?

これまでご紹介した注意点とともにまとめてめてみましょう。

クレジットカード現金化の注意点まとめ

現金化の知っておくべき注意点

じつは、クレジットカードの現金化業者もこうした危険性などは周知の事実として把握しています。

利用者の方にはリピートしてほしいので危険な現金化をさせることはまずありえませんので利用停止になることはあまり心配しなくても良いでしょう。

ただし昔ながらの方法で回数券やブランド品を買わせるような業者には注意が必要です。

安全に現金化するのであれば直接商品を買わせることのない安全な業者を選ばなくてはいけません。

独自の決済システムや現金化方法を持っている業者はカード会社に現金化の事実を知られる可能は極めて低いのです。

ですので購入商品やカードの種類によって制限されることもなければ利用停止になる心配もないのです。

クレジットカード現金化を行う時に最も重要なことは何なのでしょうか?

「換金率」、「安全性」、「振込スピード」から選ぶのであればそれぞれ強みを持っている業者を選ぶべきでしょう。

当サイトおすすめジャンル別業者簡易表

換金率 安全性 振込スピード
フルコミット スイッチ 和光クレジット

ショッピング残高を確認した後はぜひ特徴がよく分かる【先月申込件数】ベスト3を参考にしてみてください。
クレジットカード現金化比較【先月申込件数】ベスト3

-現金化初心者ガイド
-, ,

Copyright© クレジットカード現金化比較|40社から優良店だけを厳選調査 , 2021 All Rights Reserved.